« 新プリンター | メイン | 麻雀窮地 »

キリスト教 終末論

ヨハネの黙示禄 

第2エスドラ書より抜粋
【四人の騎士】


サッカーシューズは宣言した。荒廃した大地で私の希望は運命の金貨を得られるかどうか
「私に残された道は それだけだ」
光の欠片も見えない世界でフランスパンは座して死を待つ。時の終わりを迎えても死
「せめて ひとしずくの水をください・・・」
ゼウスが天空から下界を眺めながら呟いた
「神の寵愛が欲しいか?これで終焉ならば慈悲をやらんでもないぞ」
ベートーベンは危なげない場所に立ち ひたすら時の経過を静観しているだけだった


====現代の言葉に翻訳====

h畑はリーチした。3着目のオーラスで私の収支は裏ドラでチップが得られるかどうか
「私に残された道は それだけだ」
残り600点しかないラス目でt田はツモられるのをを待つ。流局してもトビ
「せめて リー棒を1本ください・・・」
w坂が断トツのトップ目からリーチを受けながら言った
「振ってほしいか?振りトップだし振ってやってもいいけどよ」
t村は2着目で やることがなくて ひたすらリーチの現物を切っているだけだった

富山市蜷川137-5
WAVE21ビル1F
TEL.076-428-0064
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30