« うんこから学ぶ | メイン | 吉崎Japan »

日韓問題から麻雀を学ぶ

現在日韓関係が最悪と言われておりk国内では日本製品不買運動や日本旅行撤廃運動が行われている
まあ彼らは彼らでそうすることによって日本の経済にダメージを刻めると信じ込んでいるのだが、実際のところは何がなんだかよくわからないまま訳もわからず先導されているだけで、それに伴って自国の航空会社等の経営が赤字となりその先にある海外の対韓戦略とか工場などの稼働率低下などによって自国ウォンの価値は暴落し自らの経済は自滅へと辿っていることなど考えもせず、ただただなる様になってみただけの話だ
うまくいったら「さすが俺」
うまくいかなかったら「日本のせいだ、あいつがあの時、鳴いたからだ」
さすがにこれでは一局精算のジャンケンのようで、こんな感じの相手ならば勝手に自滅するのだが

うまくいった時に「この感触を覚えておこう」
うまくいかなかった時「俺のどこがいけなかったのだろうか」
という奴ほど怖いものだ。明日はもっと強くなってるから


もっと捨て牌を、もっと手出しツモ切りをなまけず見よう
もっと頭の中で算数しよう。もっと気配を感じ取ろう
結果と過程を照らし合わせ刹那のひとつひとつを血肉に変えてゆこうと思いました

富山市蜷川137-5
WAVE21ビル1F
TEL.076-428-0064
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31