« お茶 | メイン | 南の暴君 »

将軍様

南富山蜷川労働党委員長「金吉崎」が次々とメンバーや客を拉致、粛清してゆくその様に戦略的無視の姿勢を崩さない駅前店阿部真也総理大臣
昨日のハノイで行われた金吉崎と米国大統領ドナルドダックとの会談は何の署名を交わすこともなく終わったとされているが吉崎委員長はいつかあいつを北京ダックにして食ってやると息巻いて昭和の黒電話をかじっている様子
帰宅後、部屋でひとり核開発の研究を続けている吉崎委員長は阿部総理から再三に渡る核廃棄と拉致被害者の開放を要求されるがそれを無視。ついには給料差し押さえという経済措置を実行に移される
今後、彼がどういった動きをするのか全世界が彼の動向に注目している

富山市蜷川137-5
WAVE21ビル1F
TEL.076-428-0064
2019年04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30