« 砂 | メイン | ぶっとび王決定戦 »

感覚

昔からそういった一つの考えを持ち麻雀と向き合っており最近も日々、麻雀ばっかやりながら思うのは感覚の鋭敏さが大切だと改めて感じる
そういった考えとは麻雀と人生って非常に似ているということだ
主観や思い込みや運の良し悪しという幾層のカーテンに覆われ核となる真実がそこにある
一局一局ごと一日一日ごとに毎度異なる回答を正確に導き出さねばならない真実
金銭感覚を持つ人は多くいても時間感覚を持っている人は少ない。つまりこれだけの時間があればどんなことができるかとか、これをやるのにどのくらい時間がかかるかという感覚が金銭感覚に比べて非常に弱いのだ
時間をうまく作り有効に使うコツは時間のコスト意識を持つこと、その意識があれば大切に使おうという気持ちになり「もったいない」という感覚が芽生えるだろう
たとえばここに何億円というお金が積まれているとして、その札束を意味もなく燃やしていったとしたら誰もが「もったいない」と思うはずだ。もっと有効な使い道があるはずなのに、、と
しかし時間に関しては多くの人が、これと同じようなことをしているのだ
無意味に時間を捨てていても少しも勿体ないとは思わず、お金も人生も無限にあるわけではないのはおそらくは知ってはいるだろう
時間とは命にとってカウントダウンという真実だということも・・・

様々なコアを包むカーテンを取り除き、そこにある真実を見つけた時に初めて一歩を成しえるという部分で麻雀と人生とは似ているものだと感じてやまないのである

富山市蜷川137-5
WAVE21ビル1F
TEL.076-428-0064
2019年03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31